実演家の権利とは?

| 未分類 |

本や音楽などを創作した人は著作権というものが発生し、時には著作者人格権も発生します。
分かりやすい例は、シンガー・ソングライターという人です。
詞や楽曲などの作詞・作曲をしたのですから著作者となり著作権と著作者人格権を取得します。
では、歌や技芸を生業とする人がその歌を歌ったとすればどうなるのかというと実際には、歌う人によって表現法が様々なので新しい歌を創作したことに近くなります。
そこで、著作権法の中では、歌手は「実演家」として扱われ、著作権のある歌を歌った場合「著作権隣接権」が別に独立に発生します。
つまり「著作隣接権者」になり保護されています。
著作隣接権者には、「レコード製作者」、「放送事業者」、「有線放送事業者」がなります。
例えば、音楽CDを製作・販売しようとする場合には、著作権者だけでなく実演家や著作権隣接権をもった著作隣接権者の許可が必要となります。
実演家の権利は、いくつかの権利の総称で、主に「財産権」と「人格権」の2つに分けられます。
分かりやすくいうとお金に関する権利とプライドに関する権利を守るのが実演家の権利です。
例えば、著作隣接権者であっても実演家の実演を勝手に録音することは出来ないという権利です。