著作物の正しい使い方は?

| 未分類 |

著作物とは、知的財産権に保護されている対象物のことです。
この知的財産権に関する権利を有している人を著作権者といいます。
著作物を利用して物を作り出したり、販売などを行うには著作権者の許諾を得る必要があります。
著作権者の許諾を得る方法としては、直接交渉する方法や代行者を通して行う方法と、その他の方法があります。
直接交渉する方法は、著作権者本人に直接的に承諾を求める方法です。
代行者を通して行う方法としては、著作権者が権利の管理を委託している代行者に承諾を求める方法があります。
一般的には、出版社や著作権管理団体などを通して行う方法がとられることが多いです。
その他の方法としては、著作権そのものを譲り受けることや保護期間を経過した物を利用する方法があります。
保護期間の規定は、著作物の作成した時から著作権者の死後50年とされています。
ただし、この規定に該当しない例外的な扱いもあるため注意が必要です。
いずれの方法で使用許諾を得るにしても、他人の著作物を扱う上で誰に権利があるかや、利用方法の条件について事前に確認しておく必要があります。
著作物に関する法律上の扱いは弁護士、権利の有無や管理関係などは管理団体などを通して確認する方法が有効です。