図書館には多くの書物や刊行物が置かれていますが、図書館を利用する人の多くは勉強の為に参考になる資料を探している学生や休日を読書で過ごしたい人が多く見かけられますが、全員がそうではなく中には図書館の中の資料を営利目的の為に利用する為に来る人もいます。図書館の中の資料は営利目的で無ければコピーも出来る所も有りますが、基本的には資料の複製は著作権の問題等も有りますので禁止されている所が多いです。
しかし勉強の参考資料の為など条件によっては許可されている図書館も有りますので、それに関しては受付の司書に確認して許可が得る事が出来れば複製できる事も有ります。しかし嘘をついて営利目的で利用したり、インターネットに画像を流すなどの行為を行うと著作権法違反で罰金刑や逮捕される恐れも有りますので、基本的には図書館の資料の複製は控えておいた方が社会的モラルから考えても普通でしょう。
営利目的の資料を集めるのであれば図書館以外の場所で、著作権の侵害にならない資料を購入するなり知り合いに借りるなりして情報を得る事が無難な方法とも言えるでしょう。しかし受験勉強の為に図書館で参考書を探しているケースは、条件によっては複製も認められているケースも有ります。